2018/05/23(水)新台感想 マジカルハロウィン6

待ってたぜェ!この時をよォ!

どうもベンプです。待ちわびた あー待ちわびた

ついに5/21にマジカルハロウィン6が解禁されましたね。待ったぜ。

今回わざとあまり情報を仕入れずに打ちに行きました。

 

早速ですがマジハロ6の感想です。8000Gほど推定56(多分6)を回してきました。

 

マジハロ5が好きな諸君なら間違いなく満足できる出来です

 

よくやったKPE!おもしろい!メッチャ辛いけど!でもマジハロ5もクソ辛いからいい!6でも出ねえから!

早速実践データの方に移りましょうか。

 

投資 750枚

回収 3185枚

差枚 +2435枚

ARTゲーム数2070G中共通コイン86回

共通コイン確率 1/24.06

ART中ハズレ確率1/54.47(設定差あるかどうか不明ですが一応サンプル取りました)

弱チェリー成立92回中ボーナス4回 重複率約4.3%

総ゲーム数8067G中赤7 19回成立 赤7確率1/424.5

有利区間不移行の赤7(設定2以上確定)は4回確認しました。

REGのシナリオ アリス側8回 魔理(ローズ)側6回(うち3回最終ゲームキュウビ ストックなし)

特殊シナリオ? アリス一家1回(ストックなし) アリス魔理側全員紹介2回(ストックなし) アリス側で7G目8G目アリスママパパ1回(ストックなし) ART中アリスママ紹介1回(ストックあり)

 

赤7確率に関しては設定6をぶっちぎった結果ですね。1で1/1092.27、6で1/595.78ですから。

 

共通コイン確率に関しては解析が出ていないのでまだ推測の域を出ませんがおおよそマジハロ5と同じような数値になるのでは?と予想。なので1/28~1/22ですかね。そう考えると1/24.06はいいですね。

 

弱チェ重複は1で3.5%、6で6.4%になるんでちょっと低設定より。ですが、何度かボーナス重複後の弱チェをカウントしているので若干重複率が低く出ているのかと。まぁ大した設定差がないのでいいでしょう。

 

バケのシナリオは偶数寄り。何度か特殊シナリオが出てARTストックなしがありますがもしかしたら設定確定パターンが出ているかもしれません。解析待ちです。

 

グラフとデータをどうぞ。

f:id:BP300Msb:20180523014411j:plain

f:id:BP300Msb:20180523014423j:plain

 

グラフから伝わりますか?この台のキツさが。4000Gくらいまで「追加投資を~~~~………し…なくていい!!ボナった!」「ART駆け抜けで泣き(;_;)」を繰り返してました。「このままマジハロ6の良さをだせずに終わるんじゃねえか?」とか考えてました。

じゃあ細かいところの感想に行きましょうか。

 

通常時

ここはほんまに声を大にして言いたいんですが…

通常時に関してはマジハロ5より良い

 

まず死んでる演出がほとんどないです。各演出にチャンスアップパターンがありプレミアもあり有利区間移行を知らせるセグのドットも手伝って良いです。

 

強チェ・チャンリプが成立してセグのドットが点灯しない時、その小役で有利区間移行しなかった証拠になるので結構なチャンスダウンになってしまうのですが(5.9の仕様上仕方がない…)、逆にほぼ有利区間に移行することがないスイカ(0.8%で移行)でドットが付いた時、かな~り熱いです。

 

イカ引いた時に「ドットあるか!?」って見るようになりました。確定じゃないし強スイカ(有利区間移行率100%)を中段に引き込めなかった時弱スイカの停止形になるのでそれでハズレてるのもありますが何にせよ熱い。

 

もちろん有利区間移行しなくてもボナがあたってる時あります。その際はボーナスを揃えた時点で有利区間移行ですね。

 

あと高確と思わしきところで小役連打するとまあまあART直撃します。自分の台でも4回ほど見ましたし周りの台もしてたのでヒキ強じゃないとは思います。

高確AorBで小役連打した時前兆が始まるんですけどそれも5にはなかった楽しさでした。「これは高確の煽りなんかART潜伏してる前兆なんかどっちや!」って楽しみがよかったです。

 

ART直撃するとおそらくおみくじをストックした状態でARTが始まるので期待感があるのもいい。

 

 

ボーナス

新曲がええわこれほんま……誇らしくないんか?

今作からまじかるちゃんすの告知方法を選択できるらしいですね。さっき知りました(大池沼)

今回は事前に情報を仕入れずに行く!と決めてたので許してつかぁさい。

告知方法選択は方向キー長押しでいじれますよ。詳しくはググれ。でも言うていつもの告知する時も隠す時もあるまじちゃんがマジハロらしくていいと思う。

 

これは解析が出てないんで体感なんですがまじかるちゃんす発生率はかなり高くなってるように感じました。結構飛んでくる。イキそう。神。

 

 

ART

いろいろややこしくなりましたね。今回は完走型ではないです。正直ややこしくなったこのARTの2割の力も僕は出せてないような気がするんですが…

 

まず新要素の「おみくじ」。おみくじから出てくる珠に書かれた効果の通りにARTがパワーアップするというシロモノなんですが…ヘタクソすぎて「えげつない組み合わせだぁ~!」みたいなん一回もなかったです

 

僕は今回一度も有利区間完走してないんですがそこらへんでやれれば有利区間完走できるんでしょうね。特に今作、このおみくじと特殊ART(キンカボとか)を掛け合わせるとえらいことになりますね。隣がなってました。

 

ストックが倍になる珠(4倍まであるらしい)とかあるんですがもしそれでキンカボとか来たら……まさかそこでボナってまじかるちゃんすしちゃったら……みたいな夢の膨らみ方はイカついです。僕は倍珠一回来ましたがおみくじを一気に2個ストックしただけでした。終わりや

 

あとなんかエピソードバトルとかで特殊ARTゲットしたりキュウビバトルでバトルに勝つたびストックとかゲーム数上乗せとかするらしいんですが……引いてません(半ギレ)

 

 

あと最強特化ゾーンとして「ご先祖カボチャンス」というのがあります。引きましたよ。隣が。しかもフリーズ経由。

これはキンカボとやること一緒なんですがコインの一部でストックしたカボチャンスが全部キンカボになるARTです。

やばかったですよ。隣が。「そんなんやりすぎちゃうか!?」ってくらいストックしてました。やりてェ~

 

あと一つの特殊ARTが鬼カボチャンスなんですが、ここだけものっそい不満点があります。

この鬼カボチャンス、ART終了後も鬼カボチャンス復帰のためのバー揃いチャレンジを三回させてくれます。一つ一つのチャレンジの期待度が30%なのでループ率が66%になるというものなんですけど……

ボーナスを引くと鬼カボチャンス消えます

 

 

いや実際は消えないんだけど…ボナを引くとループ率66%のカボチャンスをストックするという仕組みです。なので実質消えない。

 

この鬼カボチャンスどういう仕組みで入るのか一回しか引けなかった(クソザコヒキ弱)のでまだよくわかってないんですけど、どうやら鬼カボチャンスをストックするというのが出来ない仕様のようです。

なのでボナを引くと消える。当たり前やな。当たり前やけど……鬼カボチャンスだけローズがミニキャラとして左下でワチャワチャしてくれるんですよ。あれもうちょっと見たかったあ(泣)

 

鬼カボチャンス1セット目で速攻ボナったのでバー揃いチャレンジがどんなものかもわからない……8000Gも回したのにまだまだ見たいものがあります。

 

ちなみに、この鬼カボチャンス、おみくじの結果ゲットした珠を引き継いでくれます。なので珠を貯めてエゲツない性能のARTを作り上げるなら現実的にはここでいかにやれるかということになりますね。

 

 

あと今作のARTで一番みんなにやってほしいものが、

どこま神社

クソ楽しいからみんなにもやってほしい

 

まじかるちゃんすの高確率ステージって感じですね。倍珠とかストックしてたらメチャヒリつくだろうしご先祖カボチャンスならここでストックしたものは全てキンカボになるのでなおさら。

ただなかなか入らないっす。ボーナス非重複の強チェがメインルートだと思います。

 

 

 

だいたいこんなもんですかね?ARTに関しては楽しそうなところが全然味わえてないためお届けできないのは非常に申し訳ナス。主にボナの連打で出しましたからね…

 

ただこう言っちゃなんやけど改めてマジハロは設定狙う機種じゃないけど設定がないとどうしようもないな。

って思いました。マジハロ5も同様ですね。こんなん1で出るわけない…マジハロ6は設定1だと赤7がクソ重てえもの。

 

解析はよ出てくれや。出たらもっと楽しいやろこれ。

2018/04/29 シャニマスという運ゲーの彼方にあるWING優勝を目指すために

うぉい~~~~すどうもベンプです。

 

アカウント凍結されました(4回目)

なんで?(殺意)

まぁそれはどうでもいいので本題に入りましょう。

 

シャニマスがリリースされましたね。

されてしまいましたね。アイドルマスターシャイニーカラーズが。まぁ僕は前ツイッターアカウントが凍結されたため事前登録特典を受け取れてないのですが…………ツイッター社マジ死んでくれへん?

だがしかしアイドルマスターと名のつくものならなんでも疑いなく摂取してきたマス豚諸君も気づいたのではないでしょうか?

このシャニマスがとんでもないクソゲーだと。

いや、正確にはクソゲーじゃないんだ。クソなのは明らかにバランス調整がクソすぎる。運営がとんでもなくクソ。

アイドルはええんや……みんなかわいいんや……でも必死にプロデュースしても……みんな運ゲーで死んでまう!!!!!!!!!!!!!!!!!アハーン(泣)(涙)!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

というわけでWING優勝実績2回のベンプ先生がシャニマス育成理論を投稿しようかなと思います。

 

このゲームのプロデュースはシーズン1→シーズン2→シーズン3→シーズン4→WING準決勝→WING決勝→エンディングって形を取ります。1回のシーズンは8回コマンドが選択できます。

 

プロデュースに入る前に

まずこの育成の前提を話します。

それはWING準決勝・決勝で運ゲーに持ち込まないと絶対勝てないという前提です。運営ちゃんとテストプレイしたか?ほんとに?アホなん?

ということで、作り上げるステータスは2極です。Vo・Da・Viのどれか2つを伸ばしてあと一つは捨てます。準決勝・決勝でそのうち育てなかった1つが流行1位にきたら即座に諦めてもらっても大丈夫です。 全部に対応しようとすると100%負けます。

サポートアイドルには極めるステ2つのアイドルを敷き詰めましょう。僕はVo・Viでやってます。

f:id:BP300Msb:20180429101906p:plain

例えばこんな感じです。サポ左からVo Vo Vi Vo Viです。トレチケがぜんっっっっっっっっっっぜん落ちないためレベルが中途半端ですがこれでも優勝できます。特に和服着た凛世ちゃんはVi1極のステータス・スキルなので非常に役に立ちます。序盤のオーディションでViが流行一位になるとワンパンできます。まぁ………ガチャで引けたらの話ですが………

これから始める諸君には絶対にこれだけは頑張ってほしいなと思います。

最初のガチャでサポSSRが二枚出るまであきらめるな!

プロデュースアイドルのSSRよりサポのSSRの方が現状ええかなと思います。ただ、今回のイベントでサポSSRは頑張ればもらえることが判明したのでプロデュースアイドルのSSRでも長い目で見ればええんかなあ…?とも思います。要は好みの女の子や。うん。

ほんでこの編成でできあがったのがこちら

f:id:BP300Msb:20180429102631p:plain

終盤は上限までステ上がったためにけっこう無駄になったステが多かったっすね。無駄にしたくなければステータス上限解放のスキルを獲得しなきゃなんないのですが相当うまくいかないとSPが足りないためまぁまぁ難しいです。運ゲー。ていうかなんで上限解放がSPマップの一番奥にあってSP50もかかるん?アホなんか?運営は。ガイジか?ちゃんとテストプレイしたか?

まぁ前提は2つです。

・Vo・Da・Viのうちどれか2つのステを極める"2極"を目指す(そのためにサポはそのステータス対応の高レベルキャラで埋める)

・それでWING準決勝・決勝を運ゲーに持ち込む(凹ませてるステが流行1位に来た場合諦める)

 

じゃあ肝心のプロデュースに行きましょう。

 

シーズン1

このシーズンのノルマはファン数1000人以上です。それを超えるために、

序盤はひたすらにラジオ収録を連打します。

このシーズン1からいきなり運ゲーが始まっています。ラジオ収録のレベルがどれだけはやくレベル2になるかという運ゲーが…

ていうかなんでレベルアップも運ゲーにしたん?ほんまに意味不明なんやけど。○回やればレベルアップとか、なんか他に数値作ってサポアイドルと一緒にやればその数値にいくらかプラスされて数値が規定をこえればレベルアップとかできたやん。なんでなん?マジでなんで?どうしてそこまで運ゲーを突き詰めたん?普通にキレてる

シーズン1の8週中でアイドルとの約束が入ったり体力の都合とか、なんやかんやあってラジオ収録のレベルがあがらないとファン数1000人は達成できません。諦めて終わりにしましょう。やるだけ無駄です。

 

シーズン2と3と4

まとめちゃったよ!

極めたい2つのステのレッスンとラジオ収録の中でサポアイドルの人数が一番多いところを消化してください。ラジオ収録ですが、メンタルが330くらいになったらもういりません。サポアイドルによるEXCELLENTがラジオ収録で発生した時だけ、育成状況と照らし合わせて選択すればいいかと。余裕あればどうぞ。シーズン4くらいになればEXCELLENTがガンガン発生するはずなので、そちらをアイドル数より優先してください。

で、シーズン2・3・4の節目にあるオーディションですが2と3は一番難易度高いやつを一発で突破できるはずです。ちゃんとサポが育ってれば。無理な場合はサポを頑張って育ててください。

シーズン4だけ一番むずかしいやつはかなりキツイんじゃないかな?って感じです。それでも難易度中のやつを2回突破してファン数ノルマ達成するより多少運ゲーになってもいいから一週無駄にしたくない!っていうならWING準決・決勝を勝ち上がるのと同じで運ゲーに身を任せてください。

 

WING準決勝・決勝

まず、この時点で流行を確認しましょう。

2極が完成して流行1位が極めたステのうちの一つの方……おめでとう、第一関門クリアですね。さあ準決勝へアイドルを送り出してください。ここまで来たら共に歩んできたアイドルを信じましょう。輝きの向こう側はもうすぐです。

2極が完成して流行1位がクソザコナメクジのステの方……仕方ありません。シャニマス運営はクソだから。このゲームは運ゲーです。スマホを投げ捨てて散歩にでもでかけてはどうですか?健康にもいいですよ。

 

この先は前者の方へ送る文章になります。

WING準決勝・決勝でやることは2つあります。

・流行一位のTOPアピールを死んでも取る

・他のアピールのラストアピールを取る

この2つができれば7割~8割は一位取れます。もう2~3割はTOPアピールを2つとも取ったりラスアピ絶対取ってくるバケモンがいるパターンです。諦めましょう。まぁ僕はキレてスマホぶん投げたりはしますけど…

なんで、とにかく流行一位のトップアピをもらうためにそこに全ツッパしてください。特に決勝なんですけど、運が悪いと全ツしても普通に他のアイドルに負けます。運ゲーです。

 

その次のラスアピを取る方法ですが、このフェスというシステムについて少し断片がわかったのでそれについて。

まず、他のアイドルのアピールですが、自分のアイドルのアピール結果にだいぶ引っ張られるようです

パーフェクト・グッドを取れば他のアイドルもいいスコアを出してきます。逆に、ノーマルやバッドだと他のアイドルもクソみたいなスコアを出します。特にバッドを出すとわかりやすいかなと。

で、アピール順ですが、同じ評価を出した他のアイドルのうち一番目にアピールします

f:id:BP300Msb:20180429111240p:plain

この画像だと、グッド以上で一番にアピールできます。6番目のアイドルがその次にアピールしてくる感じです。ノーマルを出すと、二番目にアピールすることになります。バッドだと四番目ですね。アイドルを評価良い順に並び替えて、かつ同じ評価の他のアイドルの一番目にアピールする、というようなソートをされます。

 

この2つの法則を使い、流行一位に全ツしてトップアピを取ったあとはときにはバッドを出したり審査員の対応するステと違うアピールを投げたりしながら巧妙に審査員の評価を貯めてラスアピを狙ってください。でも結局は全て運です。なぜなら運ゲーだから。

 

さてここまで書きましたがそもそも「サポが育ってなくて2極アイドルなんて作れません(泣)」という方。安心してください。

一極ならサポがどんだけクソでも作れます。

あとは…おわかりですね。流行一位にそのステがくるのを願ってください。僕からは以上です。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。僕が望むことはシャニマス運営が悔い改めてこの運ゲーに頼るしかないクソみたいなバランスを改善してくれることです。準決勝と決勝の間にシーズンを一つ挟むだけでだいぶ違うと思いますよ。

 

 

 

あっそうだ(唐突)

このURLからシャニマス始めるといいゾ~~~~(唐突な招待制度)

t.co

頼むよ神様…事前登録特典さえ受け取れなかったんだ…せめて一人くらい招待受けてくれよ…(佐倉杏子)

2017/12/23(土) 少女終末旅行(アニメ版)最終回と原作の違いとその個人的解釈

どうも。ベンプっす。

 

少女終末旅行(アニメ)終わりましたね。最終回のラストシーンは僕が原作で一番好きなシーンです。

まぁ好きなシーンなんですけど、原作と多少違うところがあって、その違いが僕にとっては解釈を大きく揺るがすものだったんですよ。

 

そのシーンですがラストのユーのセリフ、「ねぇ、ちーちゃん。………地球、終わるんだって。」から続くチトのセリフです。少しだけ変わっています。が、原作ファンでこのシーンを噛み砕いていた僕にとって大きな違いでした。

まず原作のシーンを。

 

f:id:BP300Msb:20171223195948j:plain

「…うん…まあ……どうでもいいことだろう…」

といってチトがユーリの手を握ります。そのあとのコマではユーリが「フフッ……」と笑いチトがムスッとしながら「何?」と聞き返しユーリが「べつに」と返します。

 

ではアニメ版の同じシーンを。

f:id:BP300Msb:20171223201748j:plain

f:id:BP300Msb:20171223201804j:plain

 

「ねぇ、ちーちゃん。地球、終わるんだって。」

「うん…………」

 

f:id:BP300Msb:20171223201917j:plain

 

「…………でも…」

 

f:id:BP300Msb:20171223202016j:plain

 

「世界が終わろうと…………」

 

f:id:BP300Msb:20171223202056j:plain

 

「……どうでもいいことだろう。」

 

f:id:BP300Msb:20171223202157j:plain

 

「…わたしとユーがいれば、それでいい。」

 

このあと「フフッ」「…何?」「別に?」のかけあいがありそのあとのセリフも若干違いますがそれはさておき。

 

だいぶ違うな?

 

ていうか……根幹から解釈を揺るがされるな?

 

僕は原作でのこのシーンは「自分たちにはどうしようもない」といったこの作品全体通してのテーマ(と勝手に思っている)である「"絶望"、”諦観”と仲良くなる」という観点から「まあ…どうでもいいことだろう…」という発言が出たと解釈していました。

 

ですがアニメ版では「諦観」・「絶望」ではなく、「諦観」・「希望」からこのセリフが出ているんですよね。

「わたしとユーがいれば、それでいい。」というのは私達二人がいればあとはどうでもいいよという"諦め"と「二人であれば」という"希望"なんですよね。

 

これは結構な革命ですよね。アニメ制作陣の解釈が僕とは180度違うんですよ。というか僕とは"チト"というキャラクターの"ユー"に対する考え方が違う。

原作のチトがユーの手をギュッと握るコマあるじゃないですか。僕は、このコマはチトがユーリが生きていてほんとによかった、という思いから手を握ったのだと考えていました。

ですがアニメ版では変更があり、チトとユーリが互いに手を繋いでいます。ここから推察できるのは安易な百合シーン「地球が終わる」という情報に対して二人のショックの温度感が原作よりも高い?ということなのかなと。それにより二人身を寄せ合うように手を握りあったのでは?と考えています。

 

原作では「地球が終わる」という情報に対しては本当に「どうでもいいこと」として扱われています。そのことと「二人でいれば」ということが僕にとってどうしても結びつかない。この情報は「だからといって、どうしようもないよ」という諦めの感情をもってチトの中で処理され、だから「どうでもいいことだろう…」という発言が出たと考えていました。

 

ものすごいバッサリいきますがこの二人って百合関係にあるか?僕にはどーーもしっくり来ないんですよね。

ものすごく仲のいい友達でしょ。どうなんすかね?僕が百合モノが全然好きじゃないんで。すみません。百合鑑定士の方に「うーーん、これは百合!w」って感じでめちゃくちゃな解釈がされてると思えなくもない。

アニメの終わり方としてはもっと切ない感じを出してもよかったんじゃ?と思いますね。こういう改変があったことで、多少なりとも希望のある終わり方になりました。まあアニメだからこそこういう終わり方になったんですかね。希望のある終わり方にしないと収まりが悪いといえば悪いです。まあ、これはこれで一つの解釈としてアリなのかなと。

ただ、もっともっと絶望と仲良くなってもよかったのでは?と僕は思いますね。まあアニメに対しての原作厨から言う唯一の欠点がそこくらいなんで、

少女終末旅行(アニメ)は100点満点中99点です。

 

最高やったわ。なんで終わるん?5巻のラストまで行こうや。あのシーンも好きやねん。

こうやって歳を重ねるんですね。みんなも、そういった絶望と仲良く、ね。

2017/12/03 雑談⑤ 今すぐにわたモテを全巻集めろ

こんちは。ベンプです。なんか気づいたらブログ作ってから一年経ってるやんつってなんとなく書き出してます。あっそうだ(唐突)

 

アカウント凍結されました。

 

……なんで?俺ほど心優しいツイッタラーもいねえと思うんだけどなあ。

というわけで過去記事のツイッターからの引用が全て死んでます。面倒なので直しません。

 

ていうかやっぱ俺はブログとか書くようなタイプじゃねえんだよなと一年たってみて思います。

モノを書くなら絶対に何か他人に伝わるものにしたいから、必然自分の好きなものとかをガッツリ紹介する記事しか書けないんですよ。僕はなんていうの?自分語り?ってやつあんまり好きじゃないし…他人のことなんか一生理解できないのに俺が歩んできた人生とか教えてどうすんの?って気分になる。めっちゃおもろい出来事あったら書けるけど。ないし。

なんでそういうところを治そうと思って今日は雑談って銘打ってるから、適当に書いて適当に投稿するつもり。

 

・短編漫画の紹介記事を書こうと思ってる

んですけど、重い腰があがりません。だいたいこれについて書こ~っていう漫画はリストアップできてます。模造クリスタルさんの読み切り漫画を三冊、TAGROさんの短編、櫻井エネルギーさんの短編集を。

僕が漫画の紹介記事を書く時、買ってもらえたらいいな~とか思いながら書いてるんですけど、どうすかね?だいたい人気ないよなそういう記事。結局、普段から面白い記事書いてないといきなり漫画紹介とかしてもなんやねん…としかならんわな。わかる。

 

・まどA早く打ちてえ

それだけです。12/18導入で6の機械割が歴代シリーズ最強の117%ってユニバなんかやったやろ。またやったんか。パチスロ警察にはお見通しやぞ。

 

苺ましまろ8巻がついに出た

ついに出ましたね。4年半ぶりだそうです。これは我々オタクにとっては大事件ですよ。買ってないやつとかいるか?いないよな?僕のブログを見るようなクソオタク共は全員買ってると思うので紹介記事は書きません。

 

・最近「私がモテないのは(中略)悪い!」がおもろい

知ってますか?今もっとも熱い漫画を。谷川ニコ著・わたモテこと「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」を。みなさんの中にもいるでしょうね、「いや~~○○巻まで読んだけどもこっちがイタすぎてちょっと耐えられなくなった」とか、「今どうなってるかは全然知らん」とか言ってる遅れてるやつが。ええんかそれで?なあ?そうやって一生逃し続けるんやぞ。オタク界のビッグウェーブ

最近のわたモテですが爆裂な方向転換により、クソ面白くなってます。なんと、

もこっちが百合ハーレムを形成してます。

ちょっと待って。適当に書くとか言ったけどここまで書いた時点で本気を出さざるを得なくなった。本気だすわ。

 

f:id:BP300Msb:20171203011708p:plain

最新話より、なんやこの人気者ォ!

各ヒロインの紹介をします。

f:id:BP300Msb:20171203012206j:plain

田村ゆり・通称「ゆりちゃん」

修学旅行でもこっちと同じ班になり行動した女の子そのいち。(8~9巻収録) 通学をもこっちと一緒にする仲。124話にてもこっちが中学時代の友達・ゆうちゃんと楽しそうに話すところを見て嫉妬して独占欲を顕示しもこっちにしかわからない意味不明な会話を繰り広げるメンヘラ。コミュ障。もこっちよりぼっち。

 

f:id:BP300Msb:20171203012852p:plain

吉田さん・通称「ヤンキー」

修学旅行でもこっちと同じ班になり行動した女の子そのに。通学をもこっちと一緒にする仲。もこっちがマジでヤベーやつだと思っている。デ○ズニーが好き。ピュアでかわいい。俺推し

 

f:id:BP300Msb:20171203014326j:plain

内さん・通称「うっちー」「絵文字」

修学旅行でもこっちと同じ班になるが共には行動しなかった女の子。だが最終日のホテルで一緒になり、もこっちの奇行により「とんでもなくキモイやつだな…」と考えるが、その後もそのキモさにどんどん夢中になる。サイコパス百合。今回の修学旅行でも別クラスにもかかわらずゴリ押しによりもこっちと共に行動することに。

 

f:id:BP300Msb:20171203015324j:plain

根本さん・通称「ネモ」

この中では初出がだいぶ古い。39話。(5巻収録) 2年に進級したもこっちに唯一話しかけたのがネモだった。声優を目指していることを仲間グループにバレそうになったところをもこっちがそれとなく助け舟を出したら、以後認められて今回、ネモ仲間グループの不和によりもこっちグループへ。

 

f:id:BP300Msb:20171203022204p:plain

田中真子

ゆりちゃんの保護者。99話にてもこっちからガチレズだと勘違いされる。(11巻収録) 

 

もともとぼっちのもこっちが痛々しい行動をしてしまうぼっちあるあるギャグ漫画だったんですが、8巻の修学旅行編あたりからこの陰キャ同士が育む確かな友情と謎の百合路線に舵を切ったんですね。わたモテは。

ぼっちのもこっちにとって修学旅行なんて拷問でしかないはずなんですが、ぼっち同士の寄せ集めのグループに入れられたのをきっかけに、そこから交友関係が広がっていき、そしてこのディ○ニーランドでの謎百合ハーレムが形成されてしまったんですね。

もこっち自身も成長し、少しずつクラスの人たちに心を開いていきます。その過程でぼっちとかリア充グループとかキョロ充とかそういう時期にありがちな人間関係が描写されるんですけど、その描写がうまいです。まぁそれもあるんですが……

はっきり言ってキャラの魅力の暴力です。

この路線に舵を切って、ゆりちゃん、吉田さん、うっちーあたりのキャラの魅力が暴走します。そこがめちゃ面白い。もうもこっちただの置物じゃね?ってなるレベル。結構濃いキャラのはずが。ゆりちゃんとうっちーは暴走しすぎてサイコパスでしょってなるくらい。

あまりネタバレは避けますけども絶対に買って。マジで。全巻。魅力的なキャラがたくさん出て来るんで。

 

疲れた。寝る。

またなんか書きます。

2017/10/16(月) 雑談④

ども。ベンプです。特に別段ネタがないので適当だよ。

 

・新基準の波も一段落という話

9月一杯で5.5号機の導入期間も終わり、さあこれから出る機種は5.9号機ですよ~って話なんですけど、「5.5号機もいろいろあったしこの台はクソだしこの台は面白いよな~」って俺が腕組みしながら書くだけです。

 

あとまだ政宗2と剛衛門打ってないんやけど。動画とか見たけど政宗はおもしろそうだけどゴエモンしんどそう。どっちも波に乗ればクソほど出るって感じだとは思うけど。

どうせなら俺が打った中だけで5.5号機でランキング組むか。最強ランキングとクソランキングを。とりあえず2017年分のリストを持ってるのでそこから。

 

クソ

1位 サイコパス

2位 逆転裁判

3位 モンキー3

4位 シンブレ3

 

良台

1位 獣王

2位 星矢

3位 G1

4位 ツイブレ

5位 ピングドラム

 

改めてリスト眺めて思ったけど……みんな頑張ったなあ!?粒ぞろいだと思う。

ほんまにエゲつないほどクソ!ってのが4つしかリストアップできなかった…みなさんサイコパスって知ってます?ART中の演出が2種類しかないゲロクソ台なんですけど。

この4つの台を擁護するやつはいないやろ…って感じです。もうほんまにおもんないサイコパス、あまりにも無理ゲーの逆転裁判、まぁ無理って感じだし通常もイラつくモンキー3、すべてがまぁ無理だけど爆発力はなにげにあるシンブレ3…四天王ですね。

あとまぁ打ってない台も多いねん。クソとか無理ゲーとか言われまくってる恵比寿マスカッツとかドリスタとか打ってないからわからん。打たなくてもいいと思う。

 

良台ランキングですけどほんまにすべてが主観。それでええと思う。自分の意見に自信あるし…まわりの意見なんて気にしなくてええと思う。って感じでランキング。

みんなほんまに忘れかけやけど今年の覇権って絶対獣王やろ。めっちゃ面白いって。バケはともかくビッグからならまあまあ獣王モード持ってくるし、ARTは結構力入るところも多くてデカイ上乗せになることも多々ある、ロング継続もあるし演出も面白い。惜しいところはCZの前兆演出がクソすぎること。ここはサミークオリティが光りすぎてしまった。

2位は星矢。あんま打ててないけど、マジでメチャクチャな台やと思う。ジェネラルバトルはクッソ力入るし、セインセイヤーが流れた時の脳汁の出方はエグい。かなり好きな人も多いと思う。

3位は結構消去法でG1。みんな粒ぞろいなんやけど、それぞれの欠点考えたら、一番欠点が少ない台って感じ。通常もまぁまぁ面白く、クソ演出もなく、ARTもそこそこ軽く、ARTも凱旋ロードにさえいけば出るし、じゃなくても大量上乗せの夢もあるし、特化もそこまで重くなく……って感じで。

4位は…なんかツイブレが入ってしまった。ちゃうねん。俺は萌え豚じゃないんやけど…おもしれえよツイブレは。やっぱり。いかんせんボナで増やす台だからボナが重いとほんまにおもんないけど、ARTがボナ絡みながら伸び始めるとほんまに面白い。負けにくいけど勝ちにくい台って感じだから嫌いな人も多そうだけどまったり遊べる良台だよ。

5位はピンドラ。特化の面白さ一点突破。ディスティニータイムは今年一番の特化。メッチャキツいけど。ほんまにキツい。高設定濃厚台打って5万負けたからな。フリーズによる出玉力もあるしハマればめっちゃ出る。

 

って感じで。ここに入らなかった良台も結構あるんやけどなぁ…攻殻2ndとか忍魂暁とか。ごめんあんまなかったわ。クソや。番長3は僕的には良台ではないです。政宗とかゴエモン打ってねえし。

 

あとこんなこと言ったらほんまに絶望の底に突き落とされるから言いたくないんですけど……5.9号機の発売確定リスト見たらおもろそうじゃない?

戦コレ3、まどA、ブララグリミブレ(ただし七匠)(オワリ)、ゴッドイーター2、アナゴハーデス2、マジハロ6、戦国乙女3、クレア3…あたりは確定してるみたいです。

期待しちゃダメなんやろうなぁ……

 

シンフォギアめっちゃおもろい

みなさんシンフォギア打ってますか?打ってるよなあ!?

ほんまにおもろいっすわシンフォギア。SANKYOたまにはやるやん。ライトミドルってことでまぁまぁ当たってくれる時は当たってくれるし、なにより演出がわかりやすい。

あー当たる。つって当たるし、あー微妙やな~あーやっぱりかつってハズレるし、めっちゃ強い演出あったけどこのリーチじゃ厳しい…当たるんかい!もあるんで打ってて熱い演出来たら期待できるのがおもろい。

あとあんま保留で期待度変わらない。結構保留の色とかがめっちゃ重要な機種ありますけど(藤とか平和)、そんなことない。通常保留でも熱い演出なら普通に当たってくれる。

ただ悪いところは公表されてる期待度が明らかに当てはまらん演出が2つある。レバブル演出とvs未来リーチ。まぁもう2つだけって時点で大したあれじゃないけど。めちゃくちゃな台いっぱいあるし。

この台のレバブル、ほんまに尋常じゃなく強い。マジでハズさない。逆に言えばレバブル待ちでもある。

そして未来リーチ。ほんまに当たらへん。期待度なんか40%ちょいとかそんなんあるみたいですけど、嘘つけやと思います。逆に70億の絶唱リーチのほうが当たるもんな。

で、最終決戦さえ突破できりゃ継続率80%だし万発出るスペックではあるんで夢見れます。面白いっす。

僕はまどかよりこっちやね。まどかはムダな煽りが多くてストレスやねん…

 

・北斗創造はクソ台じゃない

導入当初クソクソ言われまくって新伝説じゃなくて新通路を創造してしまった北斗創造やけど全然クソじゃなくない?僕は普通におもしろいと思ってます。

確かにART激闘乱舞へのハードルは高いし通常はクソやけど…それって別にいつもの北斗と一緒やんけ!いつもの北斗やん!って感じです。

激闘乱舞に入れちゃえば結構力入るところも多いし、上乗せバトルはレア役はなんでも逆転確定やし、ファルコとのバトルは演出ひとつひとつで熱くなれるのはいつもの北斗でええ感じやし、いつもよりも継続率高いし…何が不満なん?って感じです。純増か?もうそれは言わん話やん……しゃあないやん…

通常の宿命の刻の前兆が短くなったのはええことやし、高確にあがるまで状態が落ちなくなった仕様はええ感じやし、強敵のときのウルトラクソ要素弱チェがほんま何の役に立たんも改善されたし…

強敵みたいにジワジワ評価されていく感じになりそうだと僕は思ってます。そんな大声あげてクソクソ言う台じゃない。普通におもしろい。いつもの北斗。

でもなんで天帝編なん?そのチョイスだけは明らかにクソやろ。まぁええんやけど…

 

・最近アズールレーンにハマってる

アズレンにめっちゃハマってる。楽しい。ブレスト鯖のID:68191070なんでフレンド枠めっちゃ空いてるんでモリモリ申請してください。いざイベントってなったら普通に艦育ってるんで役に立つぞ~。大艦隊メンバーも募集。ID:67110848の聖ラキアンヌ女学院です。らきあんぬの大艦隊やから強くなると思う(適当)

 

今日はまあこんなもんで。ブログネタないんで適当更新やけど。これ書いてくれ!って内容あったらリプライくれ。善処します。

2017/09/13(水) 漫画紹介② 友達ができたよ。『月曜日の友達』/阿部共実

もはよう。ベンプです。

ほぼ一ヶ月ぶりやね。

 

今回は漫画紹介です。

ビッグコミックスピリッツ阿部共実さんが連載されている『月曜日の友達』です。

僕は阿部共実さんの作風・絵柄・言葉のセンスなどが週刊少年チャンピオンで3週の短期連載である「空が灰色だから手をつなごう」を読んだ時からハチャメチャに気に入っています。

その後めでたく週刊連載となった「空が灰色だから」が唐突に連載終了した時、マジで膝から崩れ落ちました。毎週週刊少年チャンピオンの発売日である木曜日を楽しみにしていたので。

時は流れ、2014年に発売されました同作者の「ちーちゃんはちょっと足りない」が文化庁のマンガメディア祭新人賞を取ったり、「このマンガがすごい!」とかいうクソランキングで一位を取ってしまったりしました。その時、私は「ああまた初期から応援してた漫画家が遠くに行ってしまう…」という「何様だお前」みたいな感覚を抱いたものです。

 

さて、空が灰色だからちーちゃんはちょっと足りないを読んでなくてこのブログを読んでる方に(早くマンガ買って読め)軽く説明すると、この作者「阿部共実」の作風はどんな感じなのか?

簡単にいうと「可愛いデフォルメ絵で思春期特有の生々しい感情の繊細さを描く」といった作風です。

その感情がとてつもないバッドエンドを導くかと思いきや、まぁまぁなハッピーエンドになったりもします。「空が灰色だから」は長編ではなく、短編が連なるオムニバス形式のマンガなので、この「少女たちの繊細な感情がどういう結末を迎えるのかわからない」って感じはそちらでいくらでも経験できます。「ちーちゃんはちょっと足りない」でもいきなり地獄の釜の蓋が開きますしね。

 

さて、今回の「月曜日の友達」はどういうストーリーなのか?

僕が読んで意外に思ったのが非常に王道なガールミーツボーイものだということです。

中学生。みんながどんどん大人になりつつある「思春期」。そんな時に小学校から中学校に上がったばかりでまわりの変化に少しおいてけぼりをくらっている女の子「水谷茜」が月曜日の夜、学校の校庭で超能力の練習をする同級生「月野透」に出会い、それから二人はまた次の月曜の夜、校庭で会う約束をする…

 

といったようなあらすじです。

 

まずこの漫画のすごいところは「描写の繊細さ」にあります。

「もう中学生なんだから」といったお仕着せがましいセリフが作中に何度か登場しますが、そういったセリフを押し付けられて反発するような、思春期特有の繊細な感情の描写が随所で光ります。この表現は阿部共実にしかできない!と断言できるほど。

いろいろと絶賛したいのですが、言葉で表現するのは難しいところがとても多いです。ストーリーも十分魅力的なのですが、この「ガールミーツボーイの王道ストーリー」が「阿部共実の表現力・描写力」によって輝きを増しているところにこの漫画の価値があります。

 

こう、自分の貧相な文章力でなんやかんや言ってもレビューになんないので僕がスゲってなってツイッターにあげた写真を見てください。

 

すごない?

1コマ1コマのストーリーの進行、間のとり方、セリフのコマ割り、完璧です。僕はこのページを読んでて、二人の間に流れる時間や息遣いまではっきりと感じました。

こういうシーンが、「月曜日の友達」だけでなく阿部共実作品には多く見られます。なんていうか結構漫画を読んできましたが常識を超えてくるんですよね。表現の限界ギリギリをいつも見せてくれます。漫画の魅せ方というものだけで「うわすっげぇ…」と感嘆の声が出てしまう、そういった漫画家さんです。

どちらかというとかなりキワモノ・ゲテモノ寄りの漫画家さんなんですが(空が灰色だからを読めばわかります)、デフォルメされた可愛いキャラに似合わず表現力・描写力が本当に高い漫画家さんです。その片鱗は十分この「月曜日の友達」を読めば感じれます。

 

 

僕の文章力が貧しく、これ以上の魅力を伝えるに有効な紹介ができないのでここでオワリます。多分、物足りないくらいがちょうどいい…のかな?

それじゃね。

2017/08/21(月)新台の感想 戦国乙女~Type A~

おひさ~。ベンプです。一ヶ月くらい空いたな

今回はタイトルの通り、新台の感想「戦国乙女」のAタイプです。本日解禁。

4000G弱ほど回しました。

 

早速ですが、

 

結論:クソ台です

悲しいなぁ…

 

本機はリアルボーナスとRTで出玉を伸ばしていくタイプ。

スペックの方はこちら。

 

設定 BIG REG 合算 出玉率
(機械割)
設定1 1/309.1 1/376.6 1/169.8 98.0%
設定2 1/318.1 1/321.3 1/159.8 98.8%
設定3 1/292.6 1/358.1 1/161.0 100.8%
設定4 1/295.2 1/297.9 1/148.3 104.7%
設定5 1/242.7 1/364.1 1/145.6 112.0%
設定6 1/252.1 1/254.0 1/126.5 114.1%

 56の機械割がかなりあるのでツモればまぁまぁ出ると思います。

偶数はREGに寄り、奇数はBIGに寄る、Aタイプにおいては若干オカルトな話ですが結構荒いです。

 

ではリール配列です。

f:id:BP300Msb:20170821205742p:plain

きったねえなこのリール配列

打ち方ですが左リールにバーまたは白7を狙って右リール適当押しで挟んで、スイカがテンパイすればスイカフォローといった打ち方です。右リールは白7がスイカの代用図柄となるのでスイカこぼしません。スイカは10枚なので結構重要です。

左に白7を狙う場合、13番図柄のデカミリの上のほうが4枚役になるので、それが中段に止まった際チェリーの代用図柄となるのでチェリーのこぼしもありません。

打った感じでは、白7のほうがわかりやすくていいです。ですが、まぁお好みで。

有効ラインは3BET全LINE入賞可能な5LINEです。

 

で、結論としてクソ台なので何がクソか。

 

・演出が無

この台には、例えばクレアとか、ケロットとか、偽物語Aみたいな演出はほぼありません。無です。虚無です。

ず~~~っと、液晶右側に自分が選んだ乙女が鎮座してて、風景を眺めるだけです。たま~~に、画面暗転して我はオウガイ!我はノブナガじゃあ!みたいな演出入ってボーナスかな?どうかな?みたいな演出がはいるだけです。無。

 

一応、演出を4パターンから選べます。

・乙女ランプモード

・萌えカットインモード

・乙女アタックモード

・混合モード(上述3つの演出すべて)

ですね。いつでも筐体の方向ボタンで切り替えられます。

 

各演出がゲーム性に及ぼす影響が甚大なるものなので、説明します。

・乙女ランプモード

液晶左右の「乙女」の文字のランプで小役・ボーナス示唆を行います。ただ、光ったからって例えばアクロスのバーサスのように「リプレイは成立しない」みたいな小役示唆は打ってる限りなかったです。ハズレ含む全役の可能性があります。もしかしたらもしかしますけど、何か変則打ちで面白い打ち方がみつかれば楽しいかもしれないですけど、多分、無理。無演出よりほんの少し期待できるかな?程度です。クソです。あとボナってたら簡単にレインボーに光ります。リーチ目の意味はありません。

 

・萌えカットインモード

完全告知です。ただ、このモードが一番ヤバいです。"本当に"完全告知です。なので、ボーナスが来るまで一切何の動きもありません。完全なる虚無です。スイカ等の小役示唆もしてくれません。無演出です。ハナハナかな?戦国乙女~ハナ~かな?ただカットインはほぼ第三停止なのでレバオンで光ったぁ!ってなるハナのほうが面白いです。こっちのほうがリール配列も制御もクソです。

一応、アタックビジョン筐体の横のランプって手で開けるので、「もしかしたら萌えカットインモードでこのランプ開いたまんまにしておいたらレバオンでパタっと閉まってうぉっ!ってなって面白くなるんじゃね?」って思って実践してみました。

バーカ死ねオリンピア 2万5000円返せ

 

・乙女アタックモード

このモードで打つことを強く勧めます。

レバオンで乙女アタックが発生するとボーナスのチャンス、といったモードです。いろいろ試しましたが、このモードがもっともイライラせず、かつ超スムーズにフルウェイトで打てます。本当は、Aタイプは「あの出目が出したい!」「今度はこの出目狙ってみよう」「この演出で○コマ滑ってこの出目…アッツ~~!」ってのを楽しむものなのですが、無理です。もうそういったことは本機においては他の誰かに任せます。もう無理です。

 

なぜ、このモードで打つことを勧めるかですが、まぁこれはオリンピアのサイトにも遊戯冊子にもどこにも書いてないことなんですが(なんで書いてへんねんボケコラ殺すぞなんで俺が見つけなアカンねんクソが死ね)、相手として出て来る武将四人のオウガイ・ムラサメ・コタロウ・シロにはっきりとした小役対応があります。

 

オウガイ→ハズレorボーナス(期待度10%くらいかそれ以下)

ムラサメ→スイカorボーナス(期待度15%くらいほぼスイカ)

コタロウ→ハズレorボーナス(期待度高いけどボナはバケもアリ)

シロ→ボーナス(多分、ビッグ確定)

 

といった対応があり、尋常じゃなくスムーズに打てます。特にムラサメのスイカ対応。

このモードにして2000G弱ほど回しましたが、スイカが無演出で来るってことは一度もありませんでした。かならずムラサメの乙女アタックを伴って来ます。

なので、乙女アタックが発生しない限りは左リールチェリーだけ狙ってあと適当で構わないのでは?と考えています。

あと、乙女アタックはオウガイがほとんどなんですが、例えば左リール白7狙って白7が中段に止まった時点で(上からデカミリの下の図柄・白7・ベルと止まりこの出目はベルorボーナス)クソ熱いです。他にも、左右と挟んで、小役がテンパイしてる時点でなかなかに熱いです。逆にしてなかったら中も適当に押して飛ばしていいです。どうせ負けるので。

コタロウはもうボーナスを直接狙いに行けばいいかと。シロも同様で。シロは多分ビッ確だと思うんですけど違うかったら申し訳ない。

 

あと、無演出から第三停止で乙女アタックに突入して次ゲームで勝敗っていうパターンもあります。この際、まぁまぁの割合でリーチ目を伴ってくるのですが、普通にガセもあります。なんで(殺意)

まぁガセであろうと第三停止で乙女アタック突入時点でボナの可能性は高いので次ゲームは1BETで回すのが得策かと。

そういうこともあるんで、リーチ目を知っていると初めて役に立ちます。むしろこのモードを選んでないとリーチ目とか覚えるだけムダです。

 

先程紹介した法則を知っていると、この出目。

f:id:BP300Msb:20170821214105j:plain

クッソクソ熱いですね。ムラサメはスイカ対応なのにチェリーが止まっている。もちろんボナってました。

そしてこの出目。

f:id:BP300Msb:20170821214218j:plain

バリ寒いですね。スイカです。オワリ。

 

という風に、このモードは法則を知ってるとスイカを察知し速く打てるし、ボナ察知も速い。一応リーチ目も楽しめる。僕はこのモードを強く勧めます。

 

・混合モード

混合とか言ってますけど乙女ランプ+乙女アタックです。主に。

クソとクソと虚無を足してもクソです。オワリ。

 

・曲はいい

曲はいいです。うん。そんだけ。

 

・打WINの性能が尋常じゃなくいい

平和オリンピアの携帯遊戯データ保存アプリの「打WIN」ですが、乙女Aにおいて尋常ではなく性能がいいです。

総ゲーム数、BIG・REG回数はもちろんのこと、ベル・スイカなどの各小役の回数、リーチ目役の回数もカウントし、さらにはビッグ中の平行ベル(偶奇設定差アリ)も数えてくれます。さらに、ボーナス入賞G数、そしてその重複契機も教えてくれます。REG中のキャラ紹介のカウントも勝手にやってくれますし、萌えカットインの種類もカウントしてくれます。こちらにはまた随時設定差や高設定確定パターンがあるんでしょうね。

もし設定狙うなら必須です。というか、入れてるとカチカチ君不要です。

 

 

あと「リキュウ・トシイエ・ヒデアキ参戦!」とか言ってるけどさぁ、戦国乙女ファンがスロットでもこの三人が見れる~~つっていざ蓋を開けたらなんか液晶右にず~~~っと鎮座してるだけで納得すると思うか?しねーーーーーーーーーーーーーよボケ潰れろ今すぐに

 

そういうわけで、クソはクソなりに速く打てる方法を見つけ出しました。56を誤ってツモってしまった方はこの打ち方でなんとかスッパ抜いてください。

文句なしの2017年度Aタイプ部門クソ台オブザイヤー受賞だと思います。ありがとうございました。

 

口が悪く、ブログ見て気を悪くされた乙女ファンの方いたらごめんなさい…

でも僕は乙女というコンテンツを使って産業廃棄物を産み出したオリンピアが悪いと思います…